Facebook上のチェックインスポットのオーナー申請の承認を電話で行なう方法

Facebook上に存在するチェックインスポットが自社の施設の場合、オーナー申請をすることでそのチェックインスポットを自社で管理できるようになる。

この申請は

  1. 該当施設に関連する(施設のサイトと同じドメインなど)メールアドレスで申請する
  2. 該当施設の関係者であること証明できる書類を提出(スキャンした画像か写真を送信する)

のどちらかで本人確認することで承認される。

自分の場合は、1. で弾かれてしまい、2. は都合のよい書類がすぐに見つからないという状態だったが、Facebookの言語設定を英語にすることで、電話で本人確認をすることができた。

手順

ページ下部にあるEnglish(US)をクリックする

確認の小窓で言語を変更をクリックする

チェックインスポットのページ上部にあるIs this your business?のリンクをクリックする。

表示された小窓に、該当施設の正しい電話番号が入力されていることを確認する。Ext.は内線番号。2. の言語は日本語を選択しておく。準備ができたらCall Nowのボタンをクリックする。

Call Nowをクリックすると文字通り自動音声の電話がすぐかかってくるので、外線をとってくれる担当者に「このあとFacebookから自動音声の電話がかかってくるので、4桁の番号をメモっておいて欲しい」と伝えておくとよいかも。

Facebookの自動音声で伝えられた4桁の数字を入力して、Submit Verification Codeのボタンを押す。

ちなみに、電話の自動音声では数字の 7 は「しち」という発音だったらしい。

入力した4桁の数字に間違いがなければ下のような小窓が表示される。72時間以内に~のような文章があるが、実際には5分くらいでFacebookからメッセージが届く。

下のメッセージが届いたのを確認して、チェックインスポットを表示させると、通常は編集ができないはずのカバー写真が編集できるようになっている。

あとは、自社のFacebookページとして活用していく。いいね!やフォロワー、チェックインなどがそのまま引き継がれるので、ゼロからFacebookページを作るよりも手っ取り早い。

Fail2Banのログを必要最小限にする

Fail2Banを動作させていると、/var/log/fail2ban.logにログが記録される。
tail -f fail2ban.log

上の例では、1行目から5行目までが42.103.98.165がSSHへのログインを試みたログ。6行目はFail2Banのルールに従って42.103.98.165をBan(ブロック)したログだが、正直なところ1行目から5行目のようなログは必要ない。

というわけで、Ban(ブロックした)やUnBan(ブロックを解除した)の処理だけを記録するようにFail2Banの設定ファイルを編集する。
vi /etc/fail2ban/fail2ban.conf

24行目のINFOをNOTICEに変更することで、処理のみが記録されるようになる。

念のためFail2Banを再起動する。
systemctl restart fail2ban

ログのリアルタイム表示で確認して、問題がなければ作業完了。
tail -f fail2ban.log